ほろさん農園



アスパラガス

ほろさん農園のアスパラ
アスパラガスの1年
アスパラ豆知識


市田柿

市田柿とは
市田柿の1年


天日干しはざかけ米

天日干しはざかけ米について

 

農園紹介

ほろさん農園について
家族紹介

 

ご注文・お問い合わせ

ご注文
アスパラガス
天日干しハザかけ米
市田柿

送料について


お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示

 

ほろさん農園のブログです↓

ほろさん農園のブログ

カートを見る

 

 

 

 

現在の柿畑の様子は、ブログで紹介しております。

ほろさん農園ブログ

市田柿の1年

4月 芽吹きの季節

春アスパラガス春の暖かさを感じて、固い枝から芽が吹いてきます。

芽吹きの時期に、霜が来ないように(霜がおりると芽が死んでしまいます)

天にも祈るような思いです。

このあと柔らかい葉が出てきます。

植物の力強さを感じる時期です。

 

 5〜6月 摘花・摘果の時期

春アスパラガス

柿に栄養をしっかり行き渡らせるために、摘果をして、柿を成らせる量を調節します。

日当たりの具合や、木や枝の成熟具合を見ながら、どれだけ実をつけるかを決めていきます。

 

 

 

8〜9月 柿が大きくなっていきます

春アスパラガス

摘果によって残された柿の実は、

葉っぱが作り出した養分をたくさん受け取って、大きくなっていきます。

柿畑を見に行くのが楽しみの時期です。

 

 

 10月下旬〜11月 収穫と柿のれんづくり

春アスパラガス木でしっかりと色づき、完熟した柿になったのを確認して、収穫をしていきます。

収穫した柿は、皮を剥いて、一つずつ手作業でのれん作りです。

収穫と柿のれん作りを並行して行っていきます。

1年で一番忙しい時期となります

 

 12月 市田柿完成

春アスパラガス

柿のれんでの乾燥、のれんから下ろしてからの柿モミと乾燥を繰り返して、

真っ白な粉が吹いた市田柿が出来上がります。

下伊那の気候と、昔からの知恵と技術がもたらす芸術品です

 

 

1〜2月 剪定

春アスパラガス

余分な枝を切り落として、木の形を決めていくとても重要な作業です。

木全体に日が当たるように、枝が混みすぎないように、何年も先のことも考えて、剪定をしていきます

 

 

 

 

市田柿は、ネットでの販売は行っておりません。

販売をご希望の方は、コチラからお問い合わせください。


Copyright (c) 2012 ほろさん農園 All Rights Reserved