ほろさん農園



アスパラガス

ほろさん農園のアスパラ
アスパラガスの1年
アスパラ豆知識


市田柿

市田柿とは
市田柿の1年


天日干しはざかけ米

天日干しはざかけ米について

 

農園紹介

ほろさん農園について
家族紹介

 

ご注文・お問い合わせ

ご注文
アスパラガス
天日干しハザかけ米
市田柿

送料について


お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示

 

ほろさん農園のブログです↓

ほろさん農園のブログ

カートを見る

 

 

 


現在のアスパラ畑の様子は、ブログで紹介しております。

ブログはこちら

 

アスパラガスの1年

4〜5月上旬 春のアスパラガス 収穫

ほろさん農園のアスパラ畑は、ビニールハウスです。冬のおわり頃、たっぷりと水をやって、トンネルをかぶせて、ハウスを閉め切って温めてやると……
元気なアスパラたちが出てきます。

春アスパラは、味が濃くて最高!春を告げる野菜の一つです

 

 5〜6月 立茎(りっけい)

立茎

春の収穫も2ヶ月もすると、そろそろ終わり。
元気にピシッとしているアスパラを選んで、親茎に育てていきます。

この時の選び方が、アスパラ栽培のミソ。

慎重に、どのアスパラが立派な親になれるのか、見極めていきます。

 

 7〜9月 夏アスパラ 収穫

夏アスパラ立茎から1ヶ月ほどすると、頭がぷっくりとした柔らかいアスパラが、親茎の根元に顔を出します。

コレが、夏のアスパラ。やわらかさが魅力です。

親茎が作った養分で、育っていきます。

 

 10月 収穫終了

収穫終了涼しくなってきた頃には、アスパラガスも芽を出さなくなってきて、収穫は終わり。
地上部の養分を根っこに移動させて、来春のアスパラに備えます。

※写真は、12〜1月の地上部が枯れたあとのものです。

 

 

 1〜3月 片づけと準備

堆肥入れ

養分がしっかりと根っこに移動して、地上部が枯れたら抜いて処分。病気の予防のため、土をバーナーで焼きます。
次のシーズンの肥料となる堆肥をしっかりと入れて、
畝の上にトンネルをかぶせてあたためて、おいしいアスパラが出てくるように備えます。

春のアスパラが出てくるのが待ち遠しいです。

 

アスパラガスの販売は、終了いたしました。
春のアスパラガスまで、お待ちくださいませ。


Copyright (c) 2012 ほろさん農園 All Rights Reserved